ご本人確認のお願い

司法書士は、皆さまからのご依頼をお受けする際に、ご本人確認をさせていただくことが、法律や規則、司法書士会の会則などで定められておりますので、ご協力お願い申し上げます。

また、司法書士には守秘義務も課せられておりますので、皆さまの個人情報やご依頼内容が他人に漏れることはございませんのでご安心ください。

@ご本人確認の際にご提示いただく書類

以下のような顔写真付き公的身分証明書の場合は1つをご提示ください。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳カード
  • 旅券

A上記の書類がない場合

顔写真付き公的身分証明書がない場合は、以下の中から2つをご提示ください。

  • 国民健康保険、健康保険、船員保険、後期高齢者医療もしくは介護保険の被保険者証
  • 医療受給者証
  • 国民年金手帳
  • 児童扶養手当証書
  • 母子健康手帳など

B法人の場合

法人の場合は、代表者個人について上記@Aの書類のほか、以下の書類もご準備ください。

  • 法人の登記事項証明書(発行後3か月以内)
  • 法人の印鑑証明書(発行後3か月以内)

Cご本人確認の方法

通常は皆さまに直接お会いして上記の書類を提示していただきます。

面談ができない合理的な理由がある場合は、ご本人確認書類またはその写しの送付を受け、それらの書類に記載された住所に宛てて、ご本人に対し転送不要扱いの書留郵便などによって文書を送付して確認する方法もございます。