遺留分とは

被相続人は、相続財産の一定割合を侵害する財産の処分(遺贈や贈与)は制限されています。この相続財産の一定割合を遺留分といい、相続人はその遺留分を取得することができます。

@遺留分のある相続人

  • 兄弟姉妹以外の相続人と、その代襲相続人。
  • 被相続人から廃除された相続人には遺留分もありません。

A遺留分の放棄

  • 遺留分は放棄することもできます。
  • 相続開始前に放棄する場合は家庭裁判所の許可が必要です。
  • 許可の審判では、放棄者の意思の確認と、放棄に合理的な理由があるかも判断されます。

B遺留分の割合

  • 相続人が直系尊属のみの場合は相続財産の3分の1。
  • 相続人が直系存続のみの場合以外は相続財産の2分の1。
  • 遺留分権利者が複数いる場合は、各人の遺留分は法定相続分の割合により決定されるます。

C遺留分の算定方法

  • 基礎となる相続財産に、Bの遺留分の割合をかけることで、各人の個別的遺留分額を算定できます。
  • 基礎財産額は、被相続人が相続開始時に有していた財産の価額に、以下の(ア)から(エ)を加え、相続債務の全額を減じた額です。

(ア)相続開始前1年間にされた贈与

(イ)当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知ってされた贈与

(ウ)特別受益としての贈与

(エ)不相当な対価でされた有償行為

相続・遺言のメインページに戻る。